閉店・移転、情報の修正などの報告

ロウアー・イーストサイドにある、20世紀初頭の移民たち住まいを再現した博物館です。

photo

ロウアー・イーストサイドにある、20世紀前後に移民した人々の住まいを再現した博物館です。テナメントとは19世紀以降につくられた共同住宅で、主にヨーロッパからの貧しい移民たちが住んでいました。博物館の建物は実際に19世紀後半から20世紀にかけてつかわれていたもので、解説のついたツアーも随時行われています。ニューヨークの移民たちの苦難にみちた歴史をリアルに体験することができる博物館です。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-03-29

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供