暮らすように泊まるキッチン付きホテルレポート♪ トランプ・インターナショナル編

せっかくだからいつもより贅沢に過ごしたい。高級レジデンスに泊まっているような気分になれます!

こんにちは、ニューヨークナビです。
憧れのニューヨーク、地元の人のように過ごしたいですよね。そんな夢がかなうのがキッチン付きホテルです。スーパーや市場で食材を買って調理したり、テイクアウトを部屋で食べたりとマイペースに過ごせるんですよね。
今回、ナビはトランプ・インターナショナルホテル&タワーのキッチン付きスイートに滞在してみました。”トランプ”と名前がつくため、「う~ん、なんか一筋縄ではいかないかな?」とすごい偏見を持っていたナビ。実際泊まってみると、もちろんそんなことはなく、ニューヨークの高級レジデンス暮らし体験のようで楽しかったです!
それではトランプ・インターナショナル・ホテル&タワー体験をレポートします。

ホテルは高層ビル


ホテルはコロンバスサークルに位置しています。44階建てビルなのにホテル部分は17階までで、それ以外は高級マンションです。入口は3つあり、向かって左側がレストラン入口、中央がホテル入口、右側がマンション入口になっています。全て、見た目が同じでちょっぴり迷うかもしれませんが待機しているベルマンが目印です。
ナビ到着時もベルマンがさっと荷物を持ってくれました。全体的に過剰サービスではなく、必要な時に助けてくれるスタンスでナビにはちょうど良い感じでした。
あら?!ロビーが小さい...
トランプ・インターナショナルは高級ホテルですが、ロビーは狭いです。回転ドアをくぐって入ると、左にソファー、右にフロントのこれっきりで、最初はナビもがっかり。でも、この普通の高級レジデンスのようなロビーが暮らしてる感を演出してくれているんですよね。
エレベーターはルームキーをかざすと作動します。常にベルマンやフロントの人はいますが、さらなるセキュリティとして安心です。

豪華すぎず居心地の良いお部屋

今回滞在した部屋タイプ
1ベッドルームスイート・シティービュー

ホテルのサイトによると部屋のサイズは700スクエアフィート(65平米)で平均的1ベッドルームアパートの広さです。ダイニングエリア、ソファーベッドのあるリビングルーム、ベッドルーム、バスルーム、そしてキッチン。
まず、高級感があってクセがないインテリアで快適に過ごせそうと直感的に思いましたね!それに窓が大きくて気持ちがいいのも嬉しかったです。

クローゼットもベッドルームと廊下にもあり収納は申し分なしです。ナビも早速、我が家のようにクローゼットに洋服を収納します。

ダイニングエリア

ダイニングエリア

ベッドルーム

ベッドルーム

リビングルーム

リビングルーム

ソファーベッド時のリビングルーム

ソファーベッド時のリビングルーム

眺めは?

ナビの部屋は7階。リビングルームの窓は天井から床までで眺めが堪能出来るようになっています。ホテルはちょうどブロードウェイとセントラルパークウエストの間にあり、シティービューは大きな窓から下にブロードウェイが眺められます。

窓から道向かいの高級マンションの部屋が見えて、ニューヨークの日常をのぞき見気分。ちなみに端のほうからセントラルパークもちょっとだけ見えました。
カーテンの開け閉めは自動です。

本格的キッチン

冷蔵庫、シンク、電子レンジ、大型オーブン、ネスプレッソマシン、トースター、食洗機、食器、調理器具(薬缶、鍋、フライパン)と本格的に揃っています。
まな板はありましたが包丁はなかったですね。それと調味料もありません。
食器洗い洗剤やスポンジ、ペーパータオルは置いてありませんでしたが、電話したら届けてくれました。
もしかしたら、包丁もリクエストすれば届けてくれたのかもしれません。

食器は一通りそろっていますが、食生活の違いから丼やお椀のような物はなかったのでラーメンやうどん等は無理だな~と思いました。コーヒーカップで飲むインスタント味噌汁も旅ならではです。
コーヒーはネスプレッソカプセルが無料で置いてあり、毎日補充してくれます。
そして、ニューヨーク土産でも定番のハーニー・アンド・サンズの紅茶も置いてあります。お土産に買う前に味見できますね。

入口から見たキッチン方面

入口から見たキッチン方面

食器

食器

ガス台と冷蔵庫

ガス台と冷蔵庫

紅茶とネスプレッソカプセル

紅茶とネスプレッソカプセル

部屋のアメニティ

ペットボトルのお水、チョコレートも無料
水はキッチンに2本、ベッドルームに2本、毎日補充してくれるので滞在中は水を買う必要はないかもしれません。

また、水と一緒に置いてある小さなチョコレートも無料サービス。これも毎日補充されます。お水やチョコレートにもTrumpと書いてあり、トランプづくしです!

なお、これとは別に冷蔵庫に入っている飲み物、ミニバー、ポテトチップス、ナッツ等は有料でした。

その他のアメニティ

無料Wifi 
スリッパ
バスローブ
セキュリティ・ボックス
アイロン・アイロン台

体重計
子供向けアメニティもある!
事前に子供がいることを伝えておくと子供用のアメニティも無料でもらえます。

子供用スリッパ
子供用バスローブ
ぬいぐるみ
ぬり絵パズル
簡単なリュック
(ぬいぐるみ、ぬり絵パズル、簡単なリュックはお持ち帰りOK)

また、小さなお子様がいる場合は事前に連絡しておくとストローラーが滞在中は無料で借りられます。これは嬉しいですよね。もちろん、ホテルの外に持ち出しOKです。ナビ達はチェックアウト後、荷物を預けていたので荷物を受け取る時間まで借りていました。

バスルームは意外と普通

バスルームは広さもアメニティもいたって普通。
清潔ですが、デザイン的にはちょっぴり古さを感じました。

アメニティー
シャンプー
コンディショナー
シャワージェル
ヘアドライヤー

館内施設


地下1階
スパ
フィットネスセンター
プール
(フィットネスセンターとプールは宿泊客は無料で利用出来ます。)

1階
星付レストランのジャン・ジョルジュ、ヌガティーン・アト・ジャン・ジョルジュの2店が1階に入っています。朝食はヌガティーンで取ることが出来ます(バッフェではなく、アラカルトオーダー)。

周辺は旅の拠点として便利なエリア

地下鉄駅入口

地下鉄駅入口

最寄り地下鉄駅コロンバスサークル・59丁目駅(地下鉄A/B/C/D/1線)はホテル入口から徒歩数十秒!アクセスいいです。

セントラルパーク、タイムワーナーセンターはすぐ隣。リンカーンセンターも徒歩5分以内。タイムワーナーセンター地下にホールフーズがあり「あ、そうだXXが欲しい」と思えばすぐに行ける距離です。それにお土産探しではなく、食材調達で地元の人と同じものが買えるのはキッチン付きならではの喜びですね!
もちろん、セントラルパークへのお散歩も忘れずに。
とにかくロケーション抜群で、賑やかなミッドタウンと住宅街のアッパーウエストサイドの境にあり、便利かつ豪華なニューヨーク生活気分が楽しめるはずです。
コロンバスサークル

コロンバスサークル

タイムワーナーセンター

タイムワーナーセンター

いかがでしたか?
ホテルなんだけれども高級アパートメントホテルのようで心地よかったです。
朝はホールフーズで買った食材をダイニングでのんびり食べて、お出かけ準備。
午後に一旦戻り、ネスプレッソとトランプチョコで休憩タイム。夜でもアッパーウエストの住民の人達がまだまだ歩いているし、夜のお出かけも苦にならないです。
マンハッタンの雰囲気を存分に楽しめるホテルです。
以上、ニューヨークナビでした。


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2019-08-10

ページTOPへ▲