エアトレイン・ジェイ・エフ・ケー

AirTrain JFK

閉店・移転、情報の修正などの報告

JFK国際空港と市内への玄関口を結ぶ高架鉄道。地下鉄と組み合わせれば目的地まで一番安く移動できます!

こんにちはニューヨークナビです。
今回はJFK国際空港から市内への足、エアトレインをご紹介します。地下鉄との組み合わせでJFK国際空港から市内へもっともリーズナブルに移動できる交通手段です。所要時間も1時間前後とタクシーと比べてもそれほど変わらないのも魅力です。荷物が少ない人におすすめです。

詳しい空港から市内への移動はこちらの記事で紹介しています。ぜひ一緒に読んでくださいね。

エアトレインって何

JFK空港ターミナルと地下鉄駅を結ぶ高架鉄道として2003年にオープンしました。マンハッタンに直接乗り入れているわけではなく地下鉄、電車に接続して市内各地に移動します。乗換が必要ですが、タクシーやシャトルバスと違い空港で時間を無駄にすることなく移動できる便利な交通手段です。また空港のターミナル間の移動手段でもあります。

運行時間

運行時間
365日、24時間、運行です。
運行間隔
平日:
04:00-07:30、15:00-20:00 7分~12分間隔
07:30-15:00、10分~15分間隔
20:00-04:00 15分~20分間隔
週末:終日16分間隔

※2015年4月時点の情報になりますので、変更されている場合もございます。

路線は3つ

1.空港ターミナル循環(Airline Terminals Only)
文字通り、空港のターミナルのみを行き来しています。ターミナル8、7、5、4、2、1の順で1周します。

2.ジャマイカ線(Jamaica Station Train)
空港と地下鉄E線、ロングアイランドレイルロードを結ぶ路線です。ミッドタウンやアップタウン、クイーンズが目的地の方はこの路線の利用が便利です。ジャマイカ駅と空港間の所要時間は約15分。
空港のターミナル間のみの利用もOKです。

ジャマイカ駅
↓     ↑
フェデラル・サークル駅
↓     ↑       
ターミナル1~8の順に停車。

3.ハワード・ビーチ線(Howard Beach Train)
空港と地下鉄A線を結ぶラインです。ダウンタウン、ブルックリンが目的地の方はこのラインを利用します。空港のターミナル間のみの利用もOKです。

ハワードビーチ駅
↓     ↑
レファーツ・ブルバード駅
↓     ↑
フェデラル・サークル駅
↓     ↑
ターミナル1~8の順に停車。

乗り方

JFK国際空港から
エアトレインの表示にしたがって移動します。空港ターミナルから乗り込む際には切符の購入は不要です。改札もありません。
各ターミナルのエアトレイン駅にトラック(=ホーム)は2つあり、トラック1はジャマイカ線またはハワードビーチ線が停車。トラック2は空港ターミナル循環専用。

電光掲示版に終点及び停車駅が表示されますので確認してから乗車します。また、ホームには必ずインフォメーションがあります。万が一、間違えて乗ってしまっても次のターミナルやフェデラル・サークル駅で乗り換えることができます。

終点のジャマイカ駅またはハワードビーチ駅についたら改札前の自動券売機で切符を購入し、改札をとおります。

JFK国際空港へ向かう
エアトレイン代はジャマイカ駅、ハワードビーチ駅にて先払いになります。エアトレインに乗り込む際に自分の航空会社のターミナルの確認を忘れずに。

切符を買う

【運賃】
●ターミナル間の移動、ターミナルからフェデラルサークルまたはレファーツ・ブルバードまで
無料

●JFK国際空港⇔ジャマイカ駅、ハワードビーチ駅
5ドル

ロングアイランドレイルロードの自動券売機

ロングアイランドレイルロードの自動券売機

【切符の買い方】
エアトレイン代はメトロカードと呼ばれる地下鉄・市バス共通乗車券で支払います。これはロングアイランドレイルロードに乗り継ぐ場合も同様です。

●地下鉄へ乗り継ぐ
改札手前の自動券売機で購入します。日本語表示があります。ジャマイカ駅とハワードビーチ駅には切符の買い方を案内するあずき色のジャケットを着用した係員がいます。

ジャマイカ駅・ハワードビーチ駅で購入できる切符の種類:
(いずれもメトロカード代1ドルが別途追加)
1 AirTrain Ride(エアトレイン1回券) 5ドル

$7 AirTrain +Subway
(エアトレイン1回券+地下鉄1回分のコンビネーション)
$7.00のメトロカード購入で11%ボーナスがつき$7.77分になります。エアトレインと地下鉄で市内へ出る場合の$5.00+$2.75=$7.75がカバーできる金額です。

$25.00 AirTrain 10Trips(エアトレイン回数券10回分)
有効期間は購入後1年間。1回分が半額の$2.50になる回数券としての利用だけでなく、4人まで同時に利用できるのでグループ移動時に便利。

Other Metro Cardを選択するとPay Per Ride MetroCardの購入ができます。

Refill Your Card
すでにメトロカードを持っている場合はこちらを選択して金額を追加します。

他には30日有効のエアトレイン専用乗り放題パスがあります。

*エアトレイン駅の自動券売機では地下鉄のUnlimited MetroCard(乗り放題切符)は購入できません。

空港へ向かう際の注意点:エアトレインの改札は地下鉄・市バスのUnlimited MetroCard では通れません。ただし、手持ちのUnlimited MetroCardに自動券売機で5ドル追加すればエアトレインにも利用できるようになります。


●ロングアイランドレイルロード利用
空港から到着時:ジャマイカ駅で改札を出る前にロングアイランドレイルロード自動券売機で電車の切符とエアトレイン用のメトロカードを購入します。まずペンステーションまでを選択し、オプションで「メトロカードまたはエアトレイン」を選択します。エアトレイン1回券または25ドル分のメトロカードのいずれかが選択できます。こちらも日本語表示があります。

空港へ向かう時:ペンシルバニア駅でジャマイカ駅までのロングアイランドレイルロードの切符を購入します。エアトレインのチケットを一緒に購入する場合はLIRR+AirTrainと書かれた自動券売機を利用します。またはジャマイカ駅到着後、エアトレイン用のメトロカードを購入もしくは旅行中使用したメトロカードに金額を補充も可能です。

※ロングアイランドレイルロードのジャマイカ駅とペンシルバニア駅間は土日割引があり、片道$4.25で利用できます。自動券売機でCity Ticketを選択します。

駅紹介

●ジャマイカ駅
ジャマイカ線の始発・終点駅
地下鉄E線Sutphin Blvd/Archer Ave駅、ロングアイランドレイルロードジャマイカ駅と直結しているため地下鉄E線、ロングアイランドレイルロードに乗り換えできます。到着・発着便案内、ツーリストインフォメーション、簡単なスナックスタンド、売店、トイレがあります。

●ハワードビーチ駅
ハワードビーチ線の始発・終点駅。
地下鉄A線Howard Beach駅と直結。地下鉄A線に乗り換えができます。こちらも売店、トイレなどがあります。

●フェデラル・サークル駅
空港周辺ホテルのシャトル、レンタカー。またジャマイカ線とハワードビーチ線が交差する乗換駅でもあります。

●レファーツ・ブルバード駅
空港駐車場、市バス

エアトレイン注意点

●有料カート($6.00)はエアトレインにそのまま持ち込めます。
ジャマイカ駅、ハワードビーチ駅に戻したり、両駅から借りることができます。

●エアトレイン⇔地下鉄に乗り換える際に白タクの運転手が声をかけてきますが無視しましょう。

●空港から市内へ向かう際に地下鉄駅改札エリアで「1 swipe $2.00」と声をかけてくる人がいます。乗り放題メトロカードのスワイプを安く売る違法行為ですので無視しましょう。


いかがでしたか?
ナビも荷物が少ない場合はエアトレイン+地下鉄を良く利用します。意外と便が少ないエアポートシャトルやお財布を気にしてしまうタクシーと比べるとリーズナブルで自由度が高い移動手段ですね。たまに地下鉄が乱れることはありますが比較的時間も読みやすいんですよ。
以上ニューヨークナビでした。

記事登録日:2015-04-04

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2015-04-04

  • ホテル予約
チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供

関連記事

ジョン・エフ・ケネディ国際空港

ジョン・エフ・ケネディ国際空港

JFKの愛称で親しまれるニューヨークの空の玄関。国際線を中心に70の航空会社が乗り入れ、全米で利用客の多い空港の一つ。